谷底で踊れ

谷底で踊れ

底辺の底辺のための底辺によるブログ

童貞率が意外と高くてびっくり、君だけじゃない仲間がいるよ!

f:id:takaandryu:20180522105615p:plain

恋、青春、底辺に生きる私とは無縁な言葉です。もう恋人なんて6年間いません。

そんな中で会社に向かうバスが高校生、大学生と同じ行先で学生に囲まれて通勤しているのですが、非常に偏差値 の低い学生さん達で朝からバスの中でいちゃいちゃしたり、馬鹿騒いだりしているのですよ。

きっと毎日エロいことばかりして過ごしているに違いない。性の喜びを知りやがって!

私は不安になりました。今の日本の若者はこんなにも性に乱れているのかと,性の喜びを知りやがって(羨ましいだけ)。

心配になった私は童貞率を調べてみる事にしたのですが、すると意外にも多いことが発覚したのです。

未婚の20代の童貞率は40.6%と意外と高い数値

20代前半はまだ初陣を飾っていない人も多いのですが、後半の中堅になると25%と低くなります。

しかしそれでも4人に1人が童貞なのです。

仲間がいるよと安心した人も多いのでは ないでしょうか。 それにしても女性の処女率は25%と男性に比べると経験者が多く感じますね。

やはり男性の草食化の影響が強いのでしょう。基本的に男性は肉食系じゃないと彼女を作ることは難しいですから。

2次元に恋してる人が増えてきて現代では恋人を作る努力を放棄している若者も多いのでしょう。

童貞を貫いていくと、やがて人間ではなくなる

30代まで童貞だったら魔法使いになってしまう。30代の童貞率は9.5%とここまで童貞を貫き魔法使いの仲間入りしたのは10人に1人。

さらに45歳以降だと妖精化してしまいもはや人間という定義から外れてしまう事になってしまう。 そもそも中世ヨーロッパなどでは魔法使いとは「得体のしれない人間」「なにをしているのか分からない気持ち悪い部外者、よそ者、除け者」に対するレッテルだったみたいです。すなわちある程度年齢を重ねても童貞の人はそれだけで悲しい嫌われ者と思われてしまうかもしれないってことです、確かにいい歳なのに経験がないのでは何か問題があるのではと考えられてもしかたのないことかもしれません。とはいうものの私自身もう6年間は恋人がいないセカンド童貞な状況で、若者に対して性の喜びを知りやがってと嫉妬する始末。このままでは黒魔術師になってしまう。なんとかしなければ。

初体験の平均年齢は20.3歳

初陣を飾った年齢は男女共に大差なく20歳が平均値となっています。

高校を卒業し大学でデビューした人が多いのでしょう。私の初体験は21歳の夏の頃、平均より1歳高いですが元いじめられっ子の底辺な男からしたら上出来ではないでしょうか。

あの初体験の時の性の喜びを知った時はこの素晴らしい世界に祝福をと思いましたね。ちなみにコンドームのシェアNO.1を誇るデュレック社が31万7000人から調査した結果によると世界の初体験の年齢は17.3歳となっています。

童貞率は高いが経験人数の平均値も多い

童貞の人が世の中には意外と多いと発覚し安心したとは思いますが、経験人数の平均値は20代で7.4人とかなり多い人数となっております。

これはどういう事なのか。
きっとお金と同じで一部の人たちが沢山の性の喜びを独占しているのだと思います。イケメンや肉食系男子に女性を持っていかれ、私のような底辺は自分で自分を慰めている。

1人の経験人数が0人でももう一人が10人抱いていれば平均値では5人になるわけですから。

お金でも性でも格差が激しい世の中です。底辺は親指をしゃぶって生きるしかないのか……なんかとても悔しい気持ちになりますね。

まとめ

さて、意外と高かった童貞率になんだか安心した人もいるとは思うのですが、何も行動しなければ何も得ることは出来ません。

底辺だから、ブサイクだからひどい失恋をしたからと理由をつけて逃げていては一生彼女は出来ません。

それに一部の人に金も女も独占されるのは慣れていてもやっぱり悔しいですよね。セカンド童貞の私自身もこのままでは黒魔術師を経って妖怪になってしまいます。

友人の一人に月収が16万円でガリガリでブサイクなのにやけに自信があって自分をイケメンだと思い込んでいる肉食系の人がいますが、彼は可愛い彼女が何人も出来たことがあります。まあ、彼と付き合った女性は皆不幸そうな顔になるのですが。それでも彼は様々な性体験をしてるわけです。

やっぱり自分に自信を持って肉食になることが重要な事なのだと彼を見てると思います。

性の喜びを知るためにこの記事を読んだ人は今年いっぱい頑張ってみてはどうでしょうか。私も頑張ります。逃げちゃ駄目だ、逃げちゃ駄目だ。

 

この世に生きる底辺と童貞が性の喜びを知り、世界の祝福を感じられる日が来ることを祈っています。